投稿

【参加者管理⑤】各Rの勝者を集計する

イメージ
前回:【参加者管理④】各試合の参加者を表示させる

続いては、このシートに各Rの成績が集計されるように作っていきます。
各シートにおいて、それぞれの試合で入力した正誤記録は得点や順位という形で出力されます。
そして、各試合の勝者を参加者管理シートに記録していきます。
こうすることで、次のラウンドの参加者を各コース・各試合に振り分けることができるのです。すなわち、2Rの得点表示シート→参加者管理シート→3Rの得点表示シート→準決勝の参加者管理シート→…というやりとりを行うのです。

今回の記事で2Rまでは完成です。
この段階までの完成品はこちらです。
【作り方】 ①得点・誤答記録テーブルを作る 現状の2Rの得点表示は、得点や勝ち抜け・失格状態を表示するのみで、得点履歴は残りません。
アップダウンSquare20などの形式では、得点処理に必要なため得点記録テーブルを作りましたが、シンプルなm○n×形式の場合はそれを作る必要がないので今まで作ってきませんでした。
しかし、勝者を記録するにはやはり必要となってきますので、ここで作っておきましょう。

まずは例によって格子を描きます。
R~AC列を得点記録テーブル、AE~AP列を誤答記録テーブルとします。
ここで、今回は40問限定というルールのため、格子はそれぞれ12列×40行の範囲にのみ描きます。

続いて、数式を入力します。

得点記録テーブル R8セルに以下の数式を入力し、AC47セルまでオートフィルします。
=SUM(D$8:D8)+R$7
なぜ7行目のセルを足すのかは次のステップで説明します。 誤答記録テーブル AE8セルに以下の数式を入力し、AP47セルまでオートフィルします。
=COUNTIF(D$8:D8,"x")


②アドバンテージ入力セルを作り、アドバンテージを得点に反映させる さて、忘れるところでしたが、今回想定している大会ではペーパークイズ上位者にはアドバンテージを付与するのでした。 上位から順に2,2,1,1,1,1,0,0,0,0,0,0というポイントで試合を開始します。
このアドバンテージは、得点記録テーブルの上の1行(R7:AC7)に入力することにします。

得点記録テーブルにはキチンと反映されています。さきほど入力した式で7行目のセルを足したのはこれをやりたかったからです。
しかし、まだ得…

【参加者管理④】各試合の参加者を表示させる

イメージ
前回:【参加者管理③】各Rの得点表示シートを挿入しその結果を集計する

続いては、各Rの参加者を得点表示シートに表示する方法を説明します。
ここではまだ2Rのシートにしか名前を表示しませんが、今後3R以降の得点表示に手を加える際もここでのやり方に沿って行います。

【作り方】 ①各Rの席順および勝ち抜け者を表示するテーブルを作る


上の画像のように、各R・各組の参加者および勝者を記録するための領域を作っておきます。
今回想定する大会では、2Rは12人→5人、3Rは8人→3人でしたので、このように格子を描きます。

なお、ここでは、各選手は1Rの順位の数字で表示します。
そのほうが、のちのち扱いやすいのです。

②2Rの席順テーブルに参加者を配置する 13~60位のプレイヤーを蛇腹式に配置していきます。

ここで少しラクをしてみましょう。
4組の蛇腹式なので、8人で1周期と考えます。
まず、最初の8人(13~20位)を手入力します。

次に、1組目第3枠(S4セル)に、「=Q4+8」と入力し、4組目第12枠(AB7セル)までオートフィルします。

きちんと蛇腹に配置することができました。

なお、abcなどのような一通式の場合は、オートフィル機能を使って配置することも可能です。
③2Rの得点表示シートに、席順テーブルに入力した順に参加者を表示させる 続いては得点表示シートに移ります。


まずはプレイヤーの数を12枠に増やさなければなりませんね。
現在スルー入力行となっているL列を選択し(見出しをクリック)、「挿入」ボタンを押して4列増やします。
そして、得点表示セル(4行目)および誤答数表示セル(5行目)をオートフィルします。
このままだと8人用の幅のままで、追加したプレイヤーが画面からはみ出てしまうので、各列の幅を少し狭くしておきましょう。

また、タイトルバーの「Group ○」の部分も、グループ番号を表す数字のみ1つのセルに入力されるように変えておきます。これは、後でシートを複製した際にラクするためです。

G1セル:右揃えで「Group」
H1セル:左揃えで「1」(ここのセルの数字を各組で変えていく)

※問題数表示は削除しました。これに関しては各自の好みです。


次に、席順テーブルをもとにプレイヤー名を表示させていきます。

現状、2行目が空白、3行目にプレイヤーの名前が表示されていま…

【参加者管理③】各Rの得点表示シートを挿入する

イメージ
前回:【参加者管理②】各参加者の成績を管理するシートを作る

続いては、各Rの得点表示のシートを挿入していきます。
これまで作ってきた各形式の得点表示がありますので、それをコピペして、アレンジしていきます。

【作り方】 ①各Rの得点表示シートをコピペする 各Rの得点表示シートを用意していきます。

一から作ってもいいのですが、せっかくこれまで様々な得点表示を作ってきたので、シートを丸々コピペしてきちゃいましょう。
アレンジなら後でいくらでもできますので。

今回は、以下のクイズ形式を実施するものとします。

2R 12人参加→5人勝ち抜けの4○2×。40問限定。各組1~2位は2○、3~6位は1○を持った状態でスタート。
連答のルールはなし。
全問題出題後は、失格していない者の中で、○の多さ→×の少なさ→1R:ペーパークイズの順位の高さを比較し順位を判定。

基本⑤(終):「終わった問題」の行と「今の問題」の行を色分け表示する

3R 全てのコースにおいて、「8人参加→3人勝ち抜け」「40問限定」。
Aコース アップダウン。5ポイント先取で勝ち抜け。1回目の誤答はポイントリセット、2回目の誤答は失格。 全問題出題後は、ポイントの多さ→1Rペーパークイズの順位の高さを比較し順位を判定。
「アップダウン」の得点表示の作り方 Bコース 5by5。x=0、y=5からスタートし、x×yの値がその人の得点となる。 正解するとxが1増加、誤答するとyが1減少。 25点以上で勝ち抜け。5回誤答で失格。
全問題出題後は、ポイントの多さ→1R:ペーパークイズの順位の高さを比較し順位を判定。
「by」の得点表示の作り方
Cコース 5○5休。
全問題出題後は、正解数(○)の多さ→1R:ペーパークイズの順位の高さを比較し順位を判定。
「m○n休クイズ(固定型)」の得点表示の作り方 Dコース 5○5×。 全問題出題後は、正解数(○)の多さ→誤答数(×)の少なさ→1R:ペーパークイズの順位の高さを比較し順位を判定。

基本⑤(終):「終わった問題」の行と「今の問題」の行を色分け表示する

準決勝 13人参加→4人勝ち抜けのアタック風サバイバル。50問限定。
ライフを25持った状態でスタート。
正解すれば自分以外の選手のライフが1減少。誤答は一律ライフ3減少。
ライフが0以下になった選手から失格。
残り人数が4人以下になっ…

【参加者管理②】各参加者の成績を管理するシートを作る

イメージ
前回:【参加者管理①】ペーパークイズの成績を管理する

ペーパークイズの成績を出力できたら、次は、別のシートに参加者らを成績順に上からリストアップします。そして、このシートに各ラウンドの成績が逐一記録されていくようにします。

これから続く「参加者管理シリーズ」では、以下のような大会を想定し、得点表示Excelを作っていきます。


・1Rのペーパークイズの通過枠は60名。上位12名が3R進出、13~60位の48名が2R進出。

・2Rは12人ずつ4組に分けての4○2×(40問限定)で、各組5名(計20名)が3R進出。
組分けは、13位から60位を蛇腹状に並べて分割する(13位から順に、第1組、第2組、第3組、第4組、第4組、第3組、第2組、第1組…)。

・3Rは8人ずつ4組に分けてのコース別クイズ(40問限定)で、各組3名(計12名)が準決勝進出。
組分けは、1Rで各自記入した「参加したいコースの優先順位」をもとに決める。1Rの上位者から順に希望が通っていく。もし第1希望のコースが既に満員であった場合は第2希望のコースに、それも満員なら第3希望に…となっていく。

・3Rまでの全敗者を対象に敗者復活戦を行う。得点表示は行わない。1名が準決勝に進出。

・準決勝は13名で行うアタック風サバイバル(50問限定)で、4名が決勝進出。

・決勝は4名で行う10○4×(60問限定)で、1名の優勝者を決める。


この場合、2R1組目から決勝まで、全部で10試合が行われます。
これらの結果(勝ち抜け者およびその順位)や、どの参加者がどの組・コースに出るのかという情報を、全て1枚のシートで管理します。

それでは、前回の続きから作っていきましょう。

【作り方】 ①新しいシート「参加者管理」を作る シートのタブの名前を変えておきましょう。
タブを右クリックしてから「名前の変更」を選択するか、タブをダブルクリックすれば、タブの名前を変えることが出来ます。



②表を作る 管理するための表を作ります。
ここで、先に出来上がったものを下の画像に示します。

まず、3行目より下の範囲に格子を描き、1・2行目に見出しを作ります。
格子の高さは、ペーパー通過枠と同じ60でいいです。
(2行目の見出しは、字がはみ出ないよう、縦書きにしました。
セル内の文字列を縦書きにする方法は基本①で説明しています。)

次に、各列のパ…

【参加者管理①】ペーパークイズの成績を管理する

イメージ
数十人以上の参加者を集めるような大会においては、各参加者の成績や勝ち残り状況を管理する必要があります。
そこで今回からは、参加者を管理するための方法を解説します。

参加者管理用のExcelシートとして、「名簿&ペーパー成績入力シート」と「成績管理シート」の2つを作ります。
「名簿&ペーパー成績入力シート」には、大会前にエントリーしてきた参加者たちの名前の一覧とペーパークイズ用の成績入力欄・コース別参加希望入力欄を作っておきます。
「成績管理シート」では、「名簿&ペーパー成績入力シート」で入力したペーパークイズの成績および、各ラウンド・各組の得点表示シートに残った試合記録をもとに、各参加者の勝ち残り状況などを記録します。これにより、次のラウンドの対戦カードを組むことができるようになります。

今回は、まず「名簿&ペーパー成績入力シート」を作ります。
このステップまでの完成品はこちらです。

【作り方】 <準備編> ①各列の見出しを作り、1~2行目を固定する 1行目を空け、2行目のA列から順に以下の文字列をそれぞれ入力し、適当な幅に調節します。
なぜ1行目を空けるかというと、手順④で近似値問題の答えを記入するからです。

・No.
・名前
・得点
・得点順位
・近似値(問題数の分だけ用意する)
・コース別希望(実施するコースの分だけ用意する)
・近似値誤差(問題数の分だけ用意する)
・近似値順位(問題数の分だけ用意する)
・総合順位

続いてカーソルをA3に合わせたあと、「表示」タブ内の「ウィンドウ枠の固定」ボタンから「ウィンドウ枠の固定」を選択します。
これで、いくら下にスクロールしても1~2行目だけは常に画面の上部に表示されるようになりました。
ウィンドウ枠の固定については基本①でも解説しております。
②エントリー番号を入力する 先ほど一番上の行に「No.」と記入したA列には、上から1,2,…という番号を入力しておきます。
A2セルに「1」、A3セルに「2」と入力したら、参加人数より少し多い行までオートフィルします。

なぜエントリー番号を用意しておくかというと、大抵のペーパークイズの順位判定方法として、点数の高さ→近似値問題の誤差の小ささ(or1問目からの連答数)→エントリーの早い順という基準が主に使われるため、エントリー番号という情報が必…

「Head of the Stage」の得点表示の作り方

イメージ
前回は、上座クイズの基本である解答者の上下の処理のみを行える段階まで作りました。
ここから、さらにルールを付け加えていきます。

今回は、かつてSTUの準決勝で行われていた「Head of the Stage」の得点表示の作り方を解説します。

このクイズは9人で行います。まず、客席から見て左側(下手)から前Rの成績順に並びます。
左に行くほど「上位の席」となっており、早押しクイズで正解すると2つ上位の席に上がることができます。
また、このクイズではポイントを稼ぐ必要があり、1位席で正解すると+4p、2位席で正解すると+2p、3位席で正解すると+1pとなります。それ以外の席で正解してもポイントは増えないため、勝ち抜けるためにはまず上位席に登らなければなりません。
10p以上に到達すれば勝ち抜けとなります。

ただし、誤答はいかなる位置でも即座に最下位の席に落とされてしまいます。また、誤答数はカウントされており、通算5×で失格となります。
(最下位席で誤答した場合は2×が加算)

それでは、「上座クイズ」の得点表示の作り方(基本形)の続きから作っていきます。
完成品はこちらです。

【作り方】 ①ルール設定をする デフォルト設定は以下の通りです。

勝ち抜け:10
失格:5
上昇:2
下降:8

「下降」は(プレイヤー数-1)以上の数ならば、誤答時に最下位席降格と同じことになります。

②勝ち抜け者数記録テーブル・失格者数記録テーブル・ポイント数記録テーブル・×数記録テーブルを作る 上座クイズの得点表示では既に3つのテーブルを作りましたが、ここではさらに4つのテーブルを増設します。 また、プレイヤーの人数も9人に増やす必要があります。

[既設]解答者配置テーブル(O~W列)
[新設]勝ち抜け者数記録テーブル(X列)
[新設]失格者数記録テーブル(Y列)
[既設]順位加減テーブル(Z~AH列)
[既設]順位更新テーブル(AJ~AR列)
[新設]ポイント数記録テーブル(AT~BB列)
[新設]×数記録テーブル(BD~BL列)

最後の2つのテーブルにおいて、各行は各解答者に対応しています。
すなわち、AT列とBD列は番号1の解答者の記録、AU列とBE列は番号2の解答者の記録、…、BB列とBL列は番号9の解答者の記録というわけです。


とりあえずまずは格子を引きます。
今回は0問目の行である6行目から格子を…

「上座クイズ」の得点表示の作り方(基本形)

イメージ
上座クイズの得点表示の作り方を解説します。
今回は最も基本的な機能のみを作ります。

上座クイズとは、「解答席に序列がついており、正解すると上位の席に、誤答すると下位の席に移動する」というクイズです。
例えば、上位から順にABCDEFGHの8人が並んでおり、正解すると2段上がるというルールの場合、Eが正解すればCのいる席に移動し、ABECDFGHという順番になります。その後2番席のBが正解すれば1段上昇でBAECDFGH、1番席のBが正解すれば座席の配置は特に変わりません。

代表例を挙げますと、テレビでは「なるほど!ザ・ワールド」や「Qさま!!」、オープン大会では「STU」の旧準決勝「Head of the Stage」です。

この要素さえ含まれていれば「上座クイズ」と呼ばれるので、ルールのバリエーションは豊富です。
ポイントの概念がない場合は、「○問ごとに下位○人が脱落」といったルールや「1番席の人が正解すれば勝ち抜け+同時に最下位席の人が脱落」などが考えられます。
ポイントの概念をつけるのであれば、例えば「1番席で正解すると+4p、2番席で正解すると+2p、3番席で正解すると+1p。10p先取」という具合です。

今回は、正解・誤答により座席を移動する機能だけを作ります。

それでは基本⑤(終):「終わった問題」の行と「今の問題」の行を色分け表示するの続きから作っていきます。

完成品はこちらです。

【作り方】 ①上昇数設定セル・下降数設定セルを作る 正解時に上昇する席の数・誤答時に下降する席の数を入力するセルを作ります。

今回はそれぞれR4・S4セルに作ります。
そして、ここではとりあえず上昇:2段、下降:2段で設定しておきます。

②解答者配置テーブル・順位加減テーブル・順位更新テーブル・参加者名入力セルを作る 今回、処理に使うテーブルは3つです。

N~U列:解答者配置テーブル…各問題ごとの出題前における8人の解答者の配置を記録する。
W~AD列:順位加減テーブル…その問題で答えた人の正誤に応じて、座席の配置を変えるための処理を行う。
AF~AN列:順位更新テーブル…順位加減テーブルの表の結果、8人の新たな順位を記録する。

各テーブルで使用する列の7行目から56列目までに格子を作ります。

あと、ついでにW5~AD5セルに、それぞれ1,2,3,4,5,6,7,8という数字を…